2013年01月14日

クラウドのメリット


 これまでシステムを運営するためには、データを蓄積し処理するための「サーバー」が必要でした。処理する規模が大きければ大きいほど、サーバーの数も増える傾向にありました。

 サーバーの数が増えるとその分大きくなるのが、「サーバー群を構築するための時間とコスト」です。自社でサーバーやネットワーク機器を購入し、OSやアプリケーションを組み込み、ネットワークを構築し、システムが稼働する状態にするには、サーバー台数に応じた多くの手間とコストが必要でした。

 しかしクラウドは違います。クラウドは、すでに「稼働している」超巨大なサーバー群の一部を借りる、という形で利用します。 インフラ資産をクラウドで実現することで、アクセス数の増加や処理量の増大に柔軟な対応ができます。構築当初のアクセス数が少ない時期にはインフラコストはほとんど発生しません。サーバーの利用率の増加に応じて、従量制でコスト負担できることがクラウドコンピューティングの大きなメリットです。

intermesse_image.gif

SaaSは、インターネットを経由してアプリケーションやソフトウェアを提供するサービスです。

 普通のアプリケーションやソフトウェアは、パッケージ製品として販売し、ユーザーのパソコンにインストールして利用するものでした。しかしクラウドコンピューティングの場合には、ユーザーは必要なデータの入力や処理をインターネットを通じて行うことで、サービス提供側のサーバーでそのソフトウェアを利用することが可能となります。  従来のように、パッケージを買ったり、インストールする必要がなく、すぐにサービスを利用出来るという利点があります。しかし、カスタマイズには限界があるため、自社に適合した機能を実現することが難しい面もあります。

 PaaSは、ソフトウェアを稼働するプラットフォームを提供するサービスです。インターネットを経由してサービスを利用するということはSaaSと同様ですが、ユーザーが自分のシステムをクラウド上のプラットフォームで構築し、稼働させることができる点がSaaSとの大きな違いです。Google App Engineのようにプログラミングによるシステム構築ができるPaasは、今後アプリケーション開発の主流となっていくと考えられます。

http://hdb.intermesse.co.jp/outline.html

posted by いんた at 19:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

販売管理テンプレートのポイントとは?

販売管理業務におけるよくある悩みは、以下のようなものです。

●見積や受注の履歴をエクセルで管理すると「更新モレ」が起きやすい。。。
●受注に対して「適切なタイミング」で請求処理されない。。。
●既存の販売管理システムが自社の「業務フローに合わない」。。。

見積から始まり入金で終わる販売管理業務は適切なタイミングで必ず処理しなければならない大切な業務が密接に関係しあっています。 しかし、自社の業務に合う市販パッケージソフトを見つけることが非常に難しく、

『自社のニーズに合わない!』

というご不満の声をよく耳にします。

 また、自社の業務に合わせて自社独自に販売管理システムを開発すると費用が高額になってしまうといったことが販売管理のシステム化を妨げる要因となっています。

◎自社で簡単にカスタマイズしながら、
◎自社のニーズに合わせたシステムにすることができないのか???

このニーズを実現できることが、「働くDB」を導入する最大のメリットです。

hatarakudb.jpg
posted by いんた at 11:41| Comment(0) | 販売管理システム | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。